setodaNote

忘れる用のメモ書き

Azure を使ってみる

VisualStudioサブスクリプションの年間契約には Azure の利用権もセットになっています。 これを使わないのはもったいないので、とりあえず小さな VM を立ててみました。

下準備:SSH鍵の作成

今回は LinuxVM 環境を構築します。 その際、アクセスするためにSSH公開鍵が必要になるので事前に作っておきます。

鍵の作成には puttygen というツールを利用しました。

https://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/latest.html

検索で一番最初に出てきたというのと、以前に使ったことがあること、 putty ブランドの安心感とかで選びました。

シンプルな設計なので直感的に鍵を作成できます。

puttygen による鍵の作成

まず起動して[Generate]をクリックします。

f:id:soji256:20180730210654p:plain:w495

画面の指示通り、ウィンドウのブランク部分で マウスをぐるぐる動かすとプログレスバーが進んでいきます。 最初、よく読まずにデスクトップ画面全体でマウスをぐるぐるして無駄なエネルギーを消費していました。

f:id:soji256:20180730210722p:plain:w494

マウスを動かしていると、割とすぐに鍵ができました。

f:id:soji256:20180730210802p:plain:w499

任意のパスワードを設定してから、 [Save public key]から公開鍵を、 [Save private key]から秘密鍵をそれぞれ保存します。

f:id:soji256:20180730210918p:plain:w499

  • pulick_key:公開鍵
  • private_key.ppk:秘密鍵

f:id:soji256:20180730212415p:plain:w504

以上で下準備は完了です。さっそく次から Azure の準備を進めます。

Azure のアクティブ化

一度も Azure を利用していない場合、まず Azure をアクティブ化からする必要があります。 といっても規約に同意するくらいの作業なので、特段難しいことはありませんでした。

以下から VisualStudio サブスクリプションのポータルにアクセスします。

画面に並ぶアイコンから Azureのアクティブ化を選択します。

f:id:soji256:20180728114102p:plain

表示される規約を確認し、同意します。ニュースレターはお好みで。

f:id:soji256:20180728114122p:plain

これで Azure のダッシュボードにアクセスできるようになります。 画像は取り忘れましたが、アクセス後すぐにクレジットについての通知が表示されました。 クレジットもここから 30 日間ごとに $50 という形になるようです。 月末に始めても損をする得をするということはないみたいです。

f:id:soji256:20180728114157p:plain

VM の作成

次にさっそく VM を作成します。

Azure ポータルの左上にある[+リソースの作成]をクリックします。

f:id:soji256:20180730211136p:plain:w265

記載に従ってユーザ名など必要事項を入力していきます。 先程の下準備で作った公開鍵もここで入力します。 公開鍵をテキストエディタ(メモ帳など)で開いて中身を そのまま SSH 公開鍵の箇所にコピペすれば OK です。 もし貼り付け方が間違っている場合はエラー表示がされるのでそれに従い修正します。

f:id:soji256:20180730204405p:plain:w625

なお、VisutalStudioサブスクリプションの制限か、 地域については以下のようなエラーが表示され、日本を選べませんでした。

f:id:soji256:20180730204442p:plain:w279

次に VM のサイズを選択します。 一覧の感じから、この選択によって課金具合が大きく変わるようです。 まったくの初心者なので価格がどんな感じになるのかも分からずどぎまぎ(挙動不審)。

とりあえずお試しなので小さそうなものを選択しておきました。

f:id:soji256:20180728114507p:plain

次にオプション設定画面に移ります。

f:id:soji256:20180728114548p:plain:w627

とりあえずデフォルトのまま進めようとしましたが、 設定が必須になっているネットワーク設定のところでエラーが表示されるので、 SSH 用のポートを開けておくことにしました。 これで OK をクリックします。

f:id:soji256:20180730204647p:plain:w280

次の画面で構成の検証(自動)が完了すると最終確認画面が表示されます。 ここで構成などを一覧で確認できます。 今回は setodaNote というリソースグループに setodaVM という VM を作成してみました。

内容に問題が無いことを確認して、次へ進みます。

f:id:soji256:20180730204902p:plain

デプロイ中である旨の表示がされるのでしばらく待ちます。 完了まで5分くらいかかるので、 別の作業をしてから戻ってくるのがちょうどよいと思います。

f:id:soji256:20180728114708p:plain:w395

デプロイが完了すると Azure ダッシュボードに VM が表示されるようになります。 表示がされないときは最新の表示に更新すると出てくると思います。

f:id:soji256:20180728114733p:plain:w470

これで VM の作成は完了です。

ネットワークまわりなど一通り内容を確認してから 問題なさそうであれば[開始]ボタンを押して起動させておきます。

f:id:soji256:20180730230733p:plain:w609

次にこの VMSSH で接続してみます。

VMSSH で接続する

VM への接続に必要なIPアドレスなどの情報は VM の管理画面から確認できます。 左上の[接続]アイコンをクリックすると SSH と RDP についての接続方法が提示されます。

f:id:soji256:20180728114906p:plain:w579 f:id:soji256:20180730204949p:plain:w456

今回は SSHVMに接続します。接続には TeraTerm を使いました。

ダウンロードしてから起動します。

f:id:soji256:20180730211358p:plain

先程確認した IPアドレスを接続先のIPアドレスとして入力します。 その他はデフォルト値のまま OK ボタンをクリックします。

f:id:soji256:20180730211619p:plain:w474

うまく接続できると上記画面が表示されます。

ここで VM 作成時に設定したユーザ名と、 先程作った秘密鍵とそのパスフレーズを入力して OK ボタンをクリックします。

f:id:soji256:20180730211729p:plain:w480

以上でターミナルが表示されれば、接続完了です。

f:id:soji256:20180730212019p:plain:w676

うまく接続できない場合は、もう一度最初から手順を確認したり、 手元の 端末 のファイアウォール設定などを確認すると良いかもしれません。