setodaNote

忘れる用のメモ書き

Windowsでncコマンドやcurlコマンドを使えるようにする

Linux を使えばいいものの Windows で nc や curl を使いたいときがたまにあります。 いくつか方法はあると思いますが、ここでは Cygwin を使ってインストールしてみます。

Cygwin

まずは以下のサイトから Cygwin をダウンロードします。

https://www.cygwin.com/

ページ左上の「Install Cygwin」を選択します。

f:id:soji256:20180727214809p:plain

OSに合わせて64ビットまたは32ビット版のファイルをダウンロードします。

f:id:soji256:20180727220153p:plain

ダウンロードしたファイルを起動します。

f:id:soji256:20180727213405p:plain

デフォルトの選択のまま、次へを押していくと、接続先を選択した後、ダウンロードのような画面になります。

f:id:soji256:20180727213442p:plain

それが終わるとインストールするツールを選択する画面になります。

f:id:soji256:20180727213556p:plain

左上の「Full」を選択します。

f:id:soji256:20180727213629p:plain

検索ボックスに導入したいコマンドを入力すると一覧が更新されるので、 Discription を参考に利用したいコマンドであるかを確認してから スキップをクリックしてインストールに変更します。

  • デフォルトではスキップになっているコマンド例:

f:id:soji256:20180727220940p:plain

関連して必要なライブラリなどは自動で選ばれます。
他に必要なコマンドがあれば同じ要領で選択していきます。

終わったら次へを押して、インストールが完了するまで待ちます。

環境変数の設定

インストールするが完了したら、環境パスが通っているか確認します。

Windowsキー]+[Pause]または[コンピュータ]を右クリックから[プロパティ]を選択して[システム]画面を呼び出します。

f:id:soji256:20180727214208p:plain

[システムの詳細設定]を選択します。

f:id:soji256:20180727214250p:plain

環境変数]を選択します。

f:id:soji256:20180727222726p:plain

上段がログインユーザの環境変数、下段が全ユーザの環境変数です。 [編集]をクリックすると変更ができます。

f:id:soji256:20180727221101p:plain

どちらかに Cygwin の実行ファイルがあるフォルダのパス(デフォルトなら C:\cygwin64\bin のはずです)が記載されていることを確認します。 記載がない場合は追記します。 図は、ダイアログのままだとテキストボックスが狭く、編集しにくいのでテキストエディタなどにコピペしています。

f:id:soji256:20180727214556p:plain

上記までが完了していると、コマンドを打つと実行できるようなります。